妊娠線のでき始めの対処法

妊娠線ができないように注意していても、妊娠線ができてしまうことがある…!

妊娠線ができないようにボディケアをしていても、妊娠線ができてしまうことがあります。もしできたらショックですよね。

 

そこで、妊娠線ができてしまったあとの対処法と、これ以上妊娠線ができないようにするケア方法を紹介します。妊娠線ができ始めてしまった!という方は、是非ご覧下さい。

 

でき始めの妊娠線に!おすすめのクリームランキングはこちら>>>

妊娠線ができ始めたときの対処法を紹介

もし妊娠線ができてしまったら、早めの対処が肝心です。でき始めのケアは非常に重要で、できてからすぐにケアしたほうが、その後の傷跡が目立ちにくくなります。完全に消すことはできなくても、薄く、目立たなくさせることが可能です。妊娠線を見つけたら、以下のことに注意しましょう。

 

他に妊娠線ができていないか全身をチェックする

妊娠線はおなかだけにできるものではありません。妊娠すると、おなかが急激に大きくなって妊娠線ができやすくなりますが、妊娠によって栄養の吸収が良くなるので、全体的に太りやすくなります。太ももなどの足、二の腕、おしり、胸などにも妊娠線はできるので、おなか以外に妊娠線ができていないか、くまなくチェックしましょう。おなかに妊娠線ができた人は、他の部分にもできるorできてしまっている可能性が高いです。太りすぎにも注意です。産院によっては、体重管理が厳しいところもあるようですね。

 

ボディケアをしている女性

 

自分では見えにくい下腹部や太ももの裏、二の腕などは家族にチェックしてもらいましょう。

 

保湿方法やクリームを見直す

妊娠線の原因は、お肌の乾燥と体重の増加です。妊娠線がこれ以上できないようにするために必要なことは、体重管理と保湿になります。

 

しかし、妊婦さんはおなかで赤ちゃんを育てているので、体重を増やさないようにするのは難しいことです。特に、妊娠後期になると、赤ちゃんは今までよりも早いスピードで成長していきます。妊娠線ができてしまってから、体重管理を見直すよりかは、保湿方法やクリームを見直したほうが、効果的でしょう。

 

今まで普通の保湿クリームを使っていた方は、妊娠線専用のクリームにしてみましょう。妊娠線専用のクリームは、ただ保湿力が高いだけでなく、妊娠線のできる表皮や真皮に働きかける成分が入っています。

 

妊娠線クリームを塗っている女の子

 

また、夜お風呂上がりにしか妊娠線ケアをしていなかった人は、朝晩2回の妊娠線ケアを心がけましょう。妊娠線ケアのクリームやオイルを塗りながらのマッサージも効果的です。マッサージをすると血行が促進され、新陳代謝がUPするので、新しい細胞がうまれます。クリームはケチらずたくさん塗りこみましょう。”塗る”というより、押し込むというイメージです。

 

かゆくてもかかない

妊娠線は、急激におなかが大きくなり、おなかの成長に皮膚が伸びきれず、ついていけなくなったとき、断裂して傷になってしまうことをいいます。肌が乾燥して潤いがなくなるとできやすくなってしまいます。妊娠中はホルモンバランスの関係で、肌が乾燥しやすくなるので、より一層妊娠線ができやすい状態となります。

 

妊娠線ができると、その部分の肌がかゆくなってしまいますが、かかないように注意しましょう。お肌が敏感な状態になっているところで、さらなる刺激を与えてしまうと、妊娠線が目立ってしまう可能性があります。お肌を清潔にし、しっかりと保湿を行いましょう。

 

管理人の場合、保湿をしっかりしたので、乾燥して肌がかゆくなるということはありませんでした。

でき始めの妊娠線の対処に!おすすめのクリームランキング

ノコア

 

  • ノコア2本セット 150g(約1〜1.5ヶ月分)×2本 13,960円(税込)12,960円(税込)
  • ノコア浸透ケアセット ノコアクリーム&オイルのセット 11,870円(税込)10,870円(税込)

ノコアは、できてしまった妊娠線に対するアフターケア専用のクリームです。妊娠線ができてしまったら、ノコアを使うのが1番のおすすめです!妊娠線は、お肌の表皮や真皮にできた傷のことですが、ノコアには、肌の表皮の再生を促すEGFと、肌の真皮の再生を促すFGFを配合しています。一般的なボディケアには入っていない成分です。また、従来の200倍のビタミンC誘導体を配合しており、コラーゲンの生成を促します。生シアバター、アボカド、ベントナイトというハリ・弾力をUPさせる成分や、オーガニック成分も配合しています。

 

お得な定期便には、クリーム2本セットと、オイルとクリームのセットがあります。オイルは、ブースターオイルと言って、クリームを塗る前にこのオイルを使ってマッサージすることで、後から塗るクリームの成分をより浸透させる効果があります。定期便と言いつつ、ノコアは1回からの注文がOKで、送料無料、10日間の返金保証も付いています。購入しやすいのもポイントです。

 

ノコアの公式サイトはこちら>>>

 

プレマーム

  • 1本120g(約1ヶ月分) 初回6,800円(税抜) → 1,800円(税抜) 2回目以降5,440円(税抜)

プレマームもできてしまった妊娠線やお肌のボコボコをケアするクリームです。プレマーム独自のスリースポット方式というケア方法で、まずは、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分で皮膚の柔軟性を保ち、美肌の基礎を作ります。次に、めぐりをよくする葉酸や、ルチン、ハリを与えるプラセンタが弾力をUPさせ、キメの整ったお肌にします。最後に、ホホバ種子油やセラミドがお肌にベールをかけたように油分や水分を補います。お肌の真皮に作用するシラノール誘導体も配合しており、妊娠線のでき始めの肌を美肌にしてくれます

 

定期便なら初回は約73%オフの1,800円(税抜)で、送料無料、さらに奇数回には「フルーツの雫ピール石鹸」をプレゼントしています。2回目以降も20%オフの5,440円(税抜)で購入できます。定期便は最低3回の注文が必要ですが、できてしまった妊娠線のケアは、地道に数ヶ月続けていくもの。3回(3ヶ月)分から継続していくのがちょうどよいです。初回は180日の返金保証もあるので、購入しやすいクリームです。

 

プレマームの公式サイトはこちら>>>

 

ベルタ

  • 1本120g(約1ヶ月分) 初回500円(税抜き) 2回目以降4,980円(税込)

 

ベルタマザークリームには、肌の真皮でコラーゲン生成をサポートするシラノール誘導体を配合しています。他にも、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンというこだわりの美容成分3種類や、めぐりをよくする葉酸、オーガニック成分などを配合し、肌を明るくイキイキさせてくれます。

 

お得な定期便は、初回はなんと500円で購入できます!2回目以降も6,980円(税込)が4,980円(税込)と2,000円オフで購入できます。最低6回の注文が必須ですが、産後もボディケアを続けることで、できてしまった妊娠線が薄くなるので、まとめ買いと思えばお得です。

 

ベルタの公式サイトはこちら>>>

妊娠線クリームに入っているとよい成分はこれ!

妊娠線は、皮膚にできた傷ですので、ただ保湿効果が高いだけでなく、傷を修復するような成分が入っていることがおすすめです。以下のような成分が有効ですので、気になる妊娠線クリームに入っているか、チェックしてみましょう。

 

EGF

上皮成長因子とも呼ばれており、肌の表面にある表皮に作用します。細胞の成長や再生、肌のターンオーバーを促進させます。ノコアに配合されています。

 

FGF

繊維芽細胞増殖因子とも呼ばれており、肌の真皮(表皮よりさらに下)に作用します。断裂したコラーゲン繊維の成長を促します。妊娠線は、肌の表皮と真皮にできた亀裂なので、真皮に作用するFGFは効果的です。ノコアに配合されています。

 

シラノール誘導体

シラノールとはケイ素の化合物です。ケイ素は人の体の皮膚、血管、骨、歯、細胞、関節、髪などに含まれており、皮膚構造の修復と再構築を行う作用があります。また、肌に浸透して、コラーゲン同士の結びつきを高めます。コラーゲンは、肌の真皮層の主成分です。コラーゲン同士の結びつきが高まると、肌の弾力がUPします。プレマームとベルタに配合されています。

 

ビタミンC誘導体

コラーゲンの生成をサポートするので、できてしまった傷の修復に役立ちます。ノコア、プレマームに配合されています。

そもそも妊娠線ってなに??どうしたらできるの??

そもそも妊娠線って何なのでしょう?どうしたらできるかという仕組みについて紹介します。

 

妊娠線ができる仕組み

妊娠線とは、妊娠によってできる肉割れです。妊娠によって急激におなかが大きくなると、皮膚が引っ張られてしまいます。すると、お腹の成長に合わせて伸びきれなかった皮膚が断裂し、亀裂が入ってしまいます。これが妊娠線です
肌の断面
皮膚は、表面から表皮→真皮→皮下組織の3層構造になっていますが、妊娠線はこのうち表皮と真皮に傷がつくことです。

 

妊娠線ができる時期

妊娠線は、お腹が大きくなりだす妊娠5ヶ月頃から、臨月までの間にできることが多いです。特に、体重も増加して、お腹が急に大きくなる妊娠後期は気を付けましょう。胎動でも妊娠線はできてしまいます。
妊娠線クリームを塗っているお腹
妊娠線を予防するには、お肌が伸びるように、保湿をしっかりとして、弾力をUPさせておくことです。お腹が大きくなり始める妊娠初期から、毎日ケアしておくことが大切です。

 

妊娠線の種類

妊娠線には、以下の2種類があります。

 

新妊娠線

真皮が裂けたばかりの新しい妊娠線です。内出血を起こし、赤紫色をしています。でき始めの妊娠線なので、もし発見してしまったら、すぐにクリームを塗りましょう。

 

旧妊娠線

新妊娠線ができたあと、しばらくすると旧妊娠線になります。赤紫色だった妊娠線は、真皮が修復をし始め、白っぽく変化してきている状態です。旧妊娠線は、新妊娠線ほど目立ちませんが、完全になくなることはないと言われています。

 

妊娠線ケアは出産後も続けよう

妊娠線クリームを塗っているお腹
できてしまった妊娠線はすぐには目立たなくなりません。出産後も継続してケアすることで、数か月後にだんだん目立たなくなってきます。妊娠線ができてしまったことに気づいたら、即ケアを開始して、3ヶ月ほどは続けてみましょう。

妊娠線ができ始めても遅くない!正しい対処法でこれ以上悪化させないように!

このように、妊娠線はできてから時間が経ってしまったものより、でき始めのものの方が修復しやすいです。

 

妊娠線ができてしまったら、なるべく早めにクリームを塗って、これ以上悪化しないようにケアしましょう。

 

当サイトおすすめNo.1 ノコアの公式サイトはこちら>>>